国会の種類

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

国会の種類

国会には4つの種類があります。

  • 「通常国会」
  • 「特別国会」
  • 「臨時国会」
  • 「参議院の特別集会」

の4つですが、国会の回数表記は種類の別に関係なく通し番号で表記されます。

通常国会

「常会」とも呼ばれ、日本国憲法第52条「国会の常会は、毎年一回これを招集する」の規定に従い開かれる国会。

毎年1月中に召集することが法律で定められています。

期間は150日間で、一度だけ延長が認められています。会期、または会期の延長は両議院一致の議決が必要ですが、両議決が一致しない場合は衆議院の議決が優先されます。

新年度の予算案を決めるのが最大の目的で、税制などの予算に関連する法案なども重点的に審議されます。

なお、会期中に議員の任期が満了する場合、その日をもって会期が終了することになります(国会法第10条)。

特別国会

特別国会(特別会)は衆議院の解散総選挙が終わった後に開かれる国会で、新しい内閣総理大臣を指名することが目的です。

衆議院解散の日から40日以内に衆議院総選挙が行われ、それから30日以内に開くことが定められています(日本国憲法第54条1項)。

会期の延長は2回まで。

臨時国会

臨時国会(臨時会)は、緊急に審議が必要な法案あるとき、あるいはすでに成立した予算を修正する必要があるときなどに開かれる国会です。このとき修正された予算を「補正予算」といいます(日本国憲法第53条)。

内閣は必要と認める時に臨時国会を開くことができ、また衆参いずれかの議員の総議員の4分の1以上の要求がある場合は、内閣は招集しなければなりません。ただし、要求があってから何日以内に召集しなければならないかの期限に関する条項がなく、常会が近い場合などは見送りになることもあります。

またこれらの任意の召集のほかに、衆議院議員総選挙または参議院議員通常選挙から30日以内に開くことを義務づける国会も臨時国会となります。

会期は衆参両院で決議(異なる場合は衆議院が優先)し、延長は2回まで。

参議院の緊急集会

衆議院が解散中に緊急事態が起こった場合に開かれる国会です。

この緊急集会で決められたものは、その後行われる衆議院総選挙で選ばれた議員たちに承認されれば成立します。

ただしこの国会はかつて一度も開かれたことはありません。

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

フォローする