常任委員会と特別委員会

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

常任委員会と特別委員会

衆議院・参議院の両院には、委員会が設けられています。

法案の審議は、本会議よりもこの委員会が実質的な討論の場となります。

【衆議院】

「常任委員会」

  • 内閣委員会
  • 総務委員会
  • 外務委員会
  • 財務金融委員会
  • 文部科学委員会
  • 厚生労働委員会
  • 農林水産委員会
  • 経済産業委員会
  • 国土交通委員会
  • 環境委員会
  • 安全保障委員会
  • 国家基本政策委員会
  • 予算委員会
  • 決算行政監視委員会
  • 議院運営委員会
  • 懲罰委員会

「特別委員会」(第190回国会)

  • 災害対策特別委員会
  • 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会
  • 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
  • 北朝鮮による拉致等に関する特別委員会
  • 消費者問題に関する特別委員会
  • 科学技術・イノベーション推進特別委員会
  • 東日本大震災復興特別委員会
  • 原子力問題調査特別委員会
  • 地方創生に関する特別委員会
  • 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会

参議院

「常任委員会」

  • 内閣委員会
  • 総務委員会
  • 外交防衛委員会
  • 財政金融委員会
  • 文教科学委員会
  • 厚生労働委員会
  • 農林水産委員会
  • 経済産業委員会
  • 国土交通委員会
  • 環境委員会
  • 国家基本政策委員会
  • 予算委員会
  • 決算委員会
  • 行政監視委員会
  • 議院運営委員会
  • 懲罰委員会

「特別委員会」(第190回国会)

  • 災害対策特別委員会
  • 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
  • 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会
  • 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会
  • 政府開発援助等に関する特別委員会
  • 地方・消費者問題に関する特別委員会
  • 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会

常任委員会

国会議員は少なくとも一つ以上の委員会に所属する必要があり、二つ以上の委員会を掛け持ちすることができます。

委員は、国会冒頭に議院において選ばれ、国会会期中はその委員会に所属します。議長や閣僚は委員会のメンバーになることはまずありません。

常任委員会は基本的に各省庁に対応するかたちで置かれていますが、予算委員会や懲罰委員会など省庁と関係のない委員会もあります。

なかでも予算委員会は、もっとも多くの議員が所属していますが、予算決定は国会の最も重要な決定事項でもあるので、当然のことだといえます。

なお各委員会のメンバー構成は、各会派に所属する議院数の比率によって配分されます。

また各委員長は、慣例により議長の指名により決定されます。

特別委員会

常任委員会では処理できないような案件、または設置の必要があると認められた場合に設けられるのが特別委員会です。

「特別」な委員会なので、国会ごとに議決が必要となり、各特別委員会が会期中に審査を終えられなかった場合は、国会の閉幕とともに終了となります。

ただし最近は、その後の国会においても改めて議決し、引き続き設置される委員会が多くなっています。

委員長は、各特別委員会で選出されます。

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

フォローする