荒井 広幸(あらい ひろゆき)

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

基本情報

生年月日 1958年5月15日
出身地 福島県田村郡船引町(現・田村市)
出身大学 早稲田大学社会科学部
前職 福島県議会議員
徳永正利参議院議員秘書
衆議院議員(当選3回)
所属政党 新党改革
(過去に所属した政党) (自民党)→(新党日本)→(無所属)→(改革クラブ)→
議院 参議院議員
選挙区・比例区 比例代表
任期 2016年
当選回数 2回
公式サイト http://arai-hiroyuki.net/xoops/
主な所属団体 親学推進議員連盟(副会長)
創生「日本」
日中韓国際貿易促進協会(会長)

政策

主な法律・政策に対する賛否

国旗国歌法 賛成
特定秘密保護法 棄権・欠席
平和安全法制 賛成
憲法改正
外国人参政権 どちらとも言えない
選択的夫婦別姓制度 賛成

主な活動・経歴

  • 1993年7月、第40回衆議院議員総選挙に自民党公認、旧福島2区で出馬し初当選。
  • 2003年11月、第43回衆議院議員総選挙で自民党公認、福島3区で出馬するが旧民主党玄葉光一郎に敗れ落選。
  • 2004年7月、第20回参議院議員通常選挙に自民党比例区で出馬し当選、国政に復帰する。
  • 2005年、いわゆる郵政国会では郵政民営化に反対し、当時長野県知事であった田中康夫を代表とする「新党日本」に入党、自民党から除名処分となる。
  • 2006年9月、小泉純一郎首相退陣による首班指名選挙では、自民党総裁安倍晋三に投票。新党日本の代表は国会議員ではない田中康夫であったため自主投票であったが、当時統一会派を組んでいた国民新党がこれを問題視し、衆参両院で統一会派は解消された。
  • 2007年7月、党代表田中康夫が独断でマニフェストを改定したため、荒井らは解党を要求。田中は受け入れなかったが、荒井は記者会見で解党を表明、党を離れ無所属となる(ただしその後もしばらく新党日本は存続した)。
  • 2008年8月、改革クラブ(党首は渡辺秀央)を結成、党幹事長となる。
  • 2010年4月、自民党を離党した舛添要一を党首とする「国民新党」に改称。
  • 2013年7月、舛添の党首辞任により、荒井が党首に就任。
  • 2015年、参議院の選挙制度改革で「10像10減」案を提案。自民、維新、次世代、元気、改革5党の賛成により参議院本会議で可決・成立した。

人物

  • あだ名は「政界の一寸法師」。
  • 安倍晋三とは親友で、自民党から除名後も安倍シンパを公言している。
  • 国会質疑では最後に質問することが多く、テレビ中継のある時は相撲中継にカットされると嘆いたことがある。
  • 医療用大麻研究の推進を主張している。

【参考】国会動画

その他の国会動画はコチラ⇒「国会 荒井広幸」検索結果一覧

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

フォローする