白 眞勲(はく しんくん)

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

基本情報

生年月日 1958年12月8日
出身地 東京都新宿区
出身大学 日本大学生産工学部
日本大学大学院生産工学研究科修士課程修了
前職 朝鮮日報日本支社長
所属政党 民進党
(過去に所属した政党) (民主党)→
議院 参議院議員
選挙区・比例区 比例代表
任期 2016年
当選回数 2回
公式サイト http://www.haku-s.net/
主な所属団体 在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
リベラルの会

政策

主な法律・政策に対する賛否

国旗国歌法
特定秘密保護法 反対
平和安全法制 反対
憲法改正 反対
外国人参政権 賛成
選択的夫婦別姓制度 賛成

政策・理念

自身のサイトで以下の政策・信条を挙げている。

  1. 平和憲法を守る(集団的自衛権に反対)
  2. 拉致問題への取り組み
  3. 戦没者の遺骨収集とDNA鑑定のデータベース化
  4. 必要なのは格差の是正
  5. 日韓が仲良く
  6. 原発再稼働に反対
  7. 企業献金はいただきません

主な活動・経歴

  • 2003年1月、日本国籍を取得。
  • 2004年7月、第20回参議院議員通常選挙に民主党公認の比例区で出馬し、初当選。
  • 2012年12月、野田佳彦第三次改造内閣で内閣府副大臣に就任。

人物

  • 2004年7月、初当選の直後、民団(在日本大韓民国民団)に挨拶に訪れた際、「これからがスタート。在日に勇気と希望、元気を与えたい。在日も韓国系日本人も結集し、みんなの力で地方参政権を獲得しよう」と述べた。これに対し民団の呂健二副団長は「在日という出自を明らかにして選挙に臨み、拉致問題などの逆風も懸念されたが、見事当選を果たした」「ねじを巻き直して在日の参政権運動にともに邁進しよう」と白に外国人参政権問題の協力を求めた(在日韓国人Online Community2004年7月14日※魚拓)。
    2009年5月、有田芳生参議院議員(民主党)、塩川鉄也衆議院議員(共産党)、魚住裕一郎参議院議員(公明党)らとともに「永住外国人に地方参政権を!5・31集会」に参加。
  • 2011年8月15日、民団東京本部開催の第66回光復節慶祝中央記念式典に参加し、「地方参政権を必ず実現させるべき」と発言している。

【参考】国会動画


その他の国会動画はコチラ⇒「国会 白眞勲」検索結果一覧

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

フォローする