田中 直紀(たなか なおき)

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

基本情報

生年月日 1940年6月19日
出身地 石川県金沢市
出身大学 慶応義塾大学法学部
前職 日本鋼管社員
長鉄工業株式会社取締役(現会長)
越後交通株式会社取締役(現会長)
衆議院議員(当選4回)
所属政党 民進党
(過去に所属した政党) (自由民主党)→(無所属)→(民主党)→
議院 参議院議員
選挙区・比例区 新潟県選挙区
任期 2016年
当選回数 3回
公式サイト http://www.naoki-tanaka.jp/

政策

主な法律・政策に対する賛否

国旗国歌法 賛成
特定秘密保護法 反対
平和安全法制 反対
憲法改正 反対
外国人参政権 反対
選択的夫婦別姓制度 賛成

政策・理念

自身のサイトで政策4項目として以下を掲げている。

  • 積極的な景気対策の実行
  • 中小企業対策の強化
  • 農林水産業の振興
  • 医療、福祉、教育の充実

主な活動・経歴

  • 1989年、宇野宗佑内閣で外務政務次官を務める。第一次海部俊樹内閣でも留任。
  • 1990年、第39回衆議院議員総選挙で落選。
  • 1993年、第40回衆議院議員総選挙で当選。
  • 1996年、第41回衆議院議員総選挙で落選。
  • 1998年、第18回参議院議員通常選挙に当選。
  • 2001年、第二次森喜朗改造内閣で農林水産副大臣に就任。
  • 2005年の郵政国会では郵政民営化法案に反対。
  • 2008年8月、自民党に離党届を提出。
  • 2009年、妻の田中真紀子とともに民主党に入党。
  • 2012年1月、野田佳彦第一次改造内閣で防衛大臣に就任。初入閣。
  • 2012年4月、参議院本会議で前田武国土交通大臣及び田中直紀大臣の問責決議案が可決される。
  • 2012年6月、野田第二次改造内閣発足で防衛大臣を退任。

人物

  • 父は熊本県知事、衆議院議員、参議院議員などを歴任した鈴木直人
  • 妻は元衆議院議員、元外務大臣田中真紀子。
  • 義父は第64・65代内閣総理大臣田中角栄。

田中直紀防衛大臣時代の問題発言等一覧

  • 1月15日、国連平和維持活動における武器使用基準の緩和と武器輸出三原則の緩和を混同する(NHK番組内にて)。また普天間基地移設に関して、2012年中の工事着工を示唆する発言をおこない、県外移設を沖縄県側の反発を招いた。
  • 1月31日、参議院予算委員会で、秘書官に答弁を耳打ちさせていることから、野党議員から「腹話術をやめろ」と批判される。その後、断りもなく勝手に審議を抜け出し、議員食堂でコーヒーを飲んでいた。
  • 2月2日、さきの普天間基地移設に関し、「手順表を持っておりまして」と日米政府間の極秘文書を暴露し、問題を悪化させた。
  • 3月14日、参議院予算委員会で「シリアとヨルダン」と答弁したが「正しくはヨルダンではなくイスラエル」と訂正するなど、合計9回も審議が中断した。また、自衛隊の撤収判断は誰が行うかという質問に対し、首相と答えなければならないところを「国連」「防衛省」などと答弁。
  • 3月21日午前、記者会見の際、北朝鮮の弾道ミサイル発射実験に備える航空自衛隊のPAC-3(パトリオットミサイル)を海上自衛隊のP-3C(哨戒機)と間違えて発言。

【参考】国会動画

その他の動画はコチラ⇒「国会 田中直紀」検索結果一覧

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

フォローする