片山 虎之助(かたやま とらのすけ)

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

基本情報

生年月日 1935年8月2日
出身地 岡山県笠岡市
出身大学 東京大学法学部
前職 自治庁
岡山県副知事
所属政党 おおさか維新の会
(過去に所属した政党) (自民党)→(たちあがれ日本)→(太陽の党)→(日本維新の会)→(維新の党)→
議院 参議院議員
選挙区・比例区 比例代表
任期 2016年
当選回数 4回
公式サイト http://www.toranosuke.net/index.html
主な所属団体 日韓議員連盟
日本消防協会(最高顧問)
日本防火協会(会長)

政策

主な法律・政策に対する賛否

国旗国歌法 賛成
特定秘密保護法 棄権・欠席
平和安全法制 反対
憲法改正 賛成
外国人参政権 反対
選択的夫婦別姓制度 どちらとも言えない

主な活動・経歴

  • 1989年7月、第15回参議院議員通常選挙に岡山県選挙区で自民党公認として出馬し、初当選。
  • 1992年12月、大蔵政務次官に就任。
  • 2000年12月、第二次森喜朗改造内閣で、郵政大臣、自治大臣、総務庁長官に任命され初入閣。
  • 2001年1月、中央省庁再編により総務省が設立され、初代総務大臣に就任。
  • 2002年9月、第一次小泉純一郎第一次改造内閣でも総務大臣に再任される。
  • 2003年9月、大臣退任後、参議院予算委員長に就任。
  • 2007年7月、第21回参議院議員通常選挙で民主党の姫井由美子に敗れ落選。
  • 2010年、7月の第22回参議院議員通常選挙に比例区から出馬を試みるも、自民党の比例区70歳定年制内規により党の公認を得られないため離党、たちあがれ日本に入党し、当選。
  • 2012年11月、たちあがれ日本が太陽の党に改称した後、日本維新の会に合流。
  • 2014年9月、結いの党と合流して維新の党に。
  • 2015年9月、維新の党分裂に際し、橋下徹大阪市長の新党への参加を表明。維新の党執行部は片山に参議院会派「維新の党」会長辞任を要求したが、逆に片山は会派の議員5名(小野次郎、柴田巧、寺田典城、真山勇一、川田龍平)の会派離脱届を参議院に提出、これが認められ5名の議員は参議院で無所属となった。

人物

  • 2011年4月、東日本大震災の復興補正予算の議論の際、復興予算捻出のためのODA削減案に反対。
  • 2016年4月、党の会合において、熊本地震に関して「大変、タイミングのいい地震だ」と発言して批判を浴び、直後に撤回した。

【参考】国会動画


その他の国会動画はコチラ⇒「国会 片山虎之助」検索結果一覧

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

フォローする