水野 賢一(みずの けんいち)

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

基本情報

生年月日 1966年7月21日
出身地 東京都港区
出身大学 早稲田大学政治経済学部
前職 水野清衆議院議員秘書
衆議院議員(当選4回)
所属政党 民進党
(過去に所属した政党) (自民党)→(みんなの党)→(無所属・無所属クラブ)→(無所属・新緑風会)→
議院 参議院議員
選挙区・比例区 千葉県選挙区
任期 2016年
当選回数 1回
公式サイト http://mizunokenichi.com/
主な所属団体 創生「日本」
日本会議国会議員懇談会
平和を願い真の国益を考え靖国神社参拝を支持する若手国会議員の会
例外的に夫婦別姓を実現させる会

政策

主な法律・政策に対する賛否

国旗国歌法 賛成
特定秘密保護法 棄権・欠席
平和安全法制 反対
憲法改正 どちらとも言えない
外国人参政権 反対
選択的夫婦別姓制度 賛成

政策・理念

自身のサイトで下記の基本政策を掲げている。

  • 徹底した行政改革の断行
  • 成長戦略で日本を活性化
  • 原発から自然エネルギーへ
  • 領土・領海はとことん守る
  • 統治機構の抜本的改革を

主な活動・経歴

  • 2001年、自民党青年局長に就任。
  • 2002年、第一次小泉純一郎内閣で外務大臣政務官に任命されるが、台湾訪問を拒否され辞任。
  • 2004年、議員立法「北朝鮮制裁法案」(特定船舶入港禁止法と改正外為法)の提出者代表に。
  • 2006年、第一次安倍晋三内閣で法務副大臣に就任。
  • 2009年、第45回衆議院議員総選挙で落選。
  • 2010年、自民党を離党し、みんなの党に入党。第22回参議院議員通常選挙で当選。
  • 2014年、みんなの党解党にともない、会派無所属クラブ(他の議員は中西健治・薬師寺道代・渡辺美智知太郎)を結成し会派代表に就く。
  • 2015年、参議院事務局に「無所属クラブ」離脱を届け出、政党無所属のまま民主党会派新緑風会への入党が認められる。

人物

  • 2002年、外務大臣政務官辞任の際、外務省の対中迎合姿勢と事なかれ主義を批判(当時内閣官房副長官だった安倍晋三は水野を擁護している)。
  • 女性天皇と選択的夫婦別姓制度に賛成している(けんいちブログ「女性天皇と夫婦別姓」)。
  • 2010年、自民党に離党届を出しみんなの党の公認を受けて当選したが、自民党は離党届を受理せず除名処分としている。なお、自民党所属時代より参加している創生「日本」には引き続き所属している。

【参考】国会動画


その他の動画はコチラ⇒「国会 水野賢一」検索結果一覧

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

フォローする