有田 芳生(ありた よしふ)

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

基本情報

生年月日 1952年2月20日
出身地 京都府京都市
出身大学 立命館大学経済学部
前職 ジャーナリスト
所属政党 民進党
(過去に所属した政党) (共産党)→(日本新党)→(民主党)→
議院 参議院議員
選挙区・比例区 比例代表
任期 2016年
当選回数 1回
公式サイト http://www.web-arita.com/

政策

主な法律・政策に対する賛否

国旗国歌法
特定秘密保護法 反対
平和安全法制 反対
憲法改正 反対
外国人参政権 賛成
選択的夫婦別姓制度 賛成

人物

北朝鮮による日本人拉致事件問題

  • 2012年10月、北朝鮮への渡航は政府から自粛を求められていたにもかかわらず、中国訪問のあと平壌を訪れていたことが判明。当時外務大臣であった玄葉光一郎は「政府・与党に相談なく、与党議員が訪朝するのは残念だ」不快感を表した。
  • 2013年1月、拉致被害者家族の一人増元照明氏の「(北朝鮮の)策略には乗らないほうがいいと思います」という発言に対し、自身のツイッターで、「人道問題を安易に「策略」と判断すれば、日朝交渉など進みはしない」とツイートしている(有田芳生@aritayoshifu2013年1月16日)。
  • 2015年6月、拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄氏が「何で北朝鮮の領事館的な総連が日本に存在するのか。まさにこの存在は日本国の寄生虫みたいなもので、日本のために一切役に立っていない」という発言(産経ニュース2015年6月3日)に対し「家族会会長がこうした発言をするのは間違いだ」とツイートしている(有田芳生@aritayoshifu2015年6月4日)。
  • 2016年6月9日、横田滋・早紀江夫妻が2014年モンゴルでめぐみさんの娘であるキム・ウンギョンさんらと面会した際の写真を、有田が公開した。写真は夫妻とひ孫を写したものだが、横田家からは写真を提供していない、と救う会(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)はサイトで表明(救う会全国協議会|「写真は横田家から1枚も何処にも出していません」横田夫妻から連絡2016年6月9日)。また横田夫妻は「(写真は)有田氏が持参なさり、「掲載する写真はこれです」と出されたものです」と述べている。いっぽう有田はツイッターで「写真はウンギョンさんの夫が横田夫妻にプレゼントしたものを有田芳夫が夫妻から提供されたという性格です」(有田芳夫@aritayoshifu2016年6月9日)と述べ、言い分が食い違っている。またこのツイートの前に「(写真は)すべて僕が管理をまかされている」とツイートしていたが、これは削除している。なお有田は写真の入手先については一切言及していない。

韓国・北朝鮮

  • 2009年5月、「永住外国人に地方参政権を!5・31集会」に民主党(現・民進党)白眞勲参議院議員、公明党魚住裕一郎参議院議員、共産党塩川鉄也衆議院議員などとともに参加している。
  • 2013年4月、「『高校無償化』制度の朝鮮学校への即時適用と補助金復活を求める院内集会」に参加している(朝鮮新報2013年4月26日)。
  • 民団(在日本大韓民国民団)や朝鮮総連(在日本朝鮮人総聯合会)の幹部と交流がある(有田芳生@aritayoshifu2012年2月10日)。

ヘイトスピーチ対策法案

  • 反レイシズム(反人種差別主義)を掲げ、反韓デモなどに対して過激な手段で抗議活動をする「レイシストをしばき隊」(現・「C.R.A.C」)や「男組」などを支持(有田芳生@aritayoshifu2013年7月12日)しており、これらの集団が主催するカウンターデモにも度々参加している(Wikipedia有田芳生)。
  • 2013年3月、有田が呼びかけ人となり、「排外・人種侮蔑デモに抗議する国会集会」を参議院会館で開催した。5月に行われた第2回の集会では民主党の大野元裕参議院議員や小西洋之参議院議員も参加している。
  • 2016年5月、参議院本会議で「ヘイトスピーチ対策法案」の採決の際、日本のこころを大切にする党和田政宗参議院議員が反対票を投じたことに対し、自身のツイッターで「差別の煽動を容認する極右政党「日本のこころ」がヘイトスピーチ対策法案に反対したのは予想通りで驚きません」とツイート(有田芳生@aritayoshifu2016年5月13日)。和田政宗議員はこれに対し「(この)発言は、事実無根であると共に公党を著しく侮辱するもの。法的措置を含めて対応する」と批判している(和田政宗@wadamasamune2016年5月15日)。

その他の発言・行動

  • 2013年7月、第23回参議院議員通常選挙で民主党は東京都選挙区に2人擁立する予定であったが、結局1人だけの公認とした。しかし有田らは、党の公認からはずれ無所属で立候補した大河原雅子を応援、結果として党が公認した候補とともに落選し、ライバルである山本太郎参議院議員に利する形となった。
  • 2014年7月、自身のツイッターで「まだ「ゴキブリホイホイ」ってあるのかな。そう思ってコンビニに行ったら、あった。まだまだ必要なんですね。ネットでわき寄ってくるゴキブリもどきは放し飼いを基本としている。時間ができたので久しぶりに「ホイホイ」を覗いたら、相変わらず断片言葉で精神の核がない。たまには駆除するかな。」とツイート。有権者をゴキブリ扱いするのかとネット上で批判された(livedoorNEWS|有田議員、有権者に「ゴキブリ」)。

【参考】国会動画


その他の国会動画はコチラ⇒「国会 有田芳生」検索結果一覧

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

フォローする