山谷 えり子(やまたに えりこ)

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

基本情報

生年月日 1950年9月19日
出身地 東京都武蔵野市
出身大学 聖心女子大学文学部
前職 ジャーナリスト
衆議院議員(当選1回)
所属政党 自由民主党
(過去に所属した政党) (民社党)→(新進党)→(民主党)→(保守新党)→
議院 参議院議員
選挙区・比例区 比例代表
任期 2016
当選回数 2回
公式サイト http://www.yamatani-eriko.com/index.html
主な所属団体 北朝鮮に拉到された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟
新憲法制定議員連盟
神道政治連盟国会議員懇談会(副幹事長)
創生「日本」
日韓議員連盟
日本会議国会議員懇談会
日本の領土を守るため行動する議員連盟

政策

主な法律・政策に対する賛否

国旗国歌法
特定秘密保護法 賛成
平和安全法制 賛成
憲法改正 賛成
外国人参政権 反対
選択的夫婦別姓制度 反対

政策・理念

自身のサイトで以下のビジョン・政策を掲げている。

「家族」それは社会の基礎単位です。

  • 家族と社会がお互いに支えあう安心の育児・介護制度を実現します。
  • 家庭や地域社会の機能を引き出し、老若男女が生きがいをもって働き続けられる社会整備を進めます。
  • 多様な働き方の支援策、生涯学習・ボランティア支援策を含めた総合的な少子化対策を進めます。

「教育」それは子供たちの未来です。

  • 道徳教育、歴史教育、宗教教養教育を通じ国を愛する心を育てます。
  • 行き過ぎた「ゆとり教育」と「性教育」「男女の区別は差別というジェンダーフリー教育」にストップをかけます。
  • 日本人が大切にしてきた品位、節度、調和、正直、親切、勤勉を重んじ、伝統文化、体験学習、職業教育を充実させます。

「国なおし」それは日本が大好きだからです。

  • 拉致議連副会長として、引き続き拉致問題の解決を目指します。
  • 主権国家として、領土を守り、主体的外交をすすめます。
  • 農業水産業を振興し、自給率を高めて食の安全をはかります。

主な活動・経歴

  • 1989年7月、第15回参議院議員通常選挙に民社党公認で出馬するが落選。
  • 2000年6月、第42回衆議院議員総選挙に民主党の公認で出馬し、初当選。
  • 2002年12月、民主党を離党し、保守新党に参加。
  • 2003年11月、第43回衆議院議員総選挙で保守新党から立候補するが落選。
  • 2004年7月、第20回参議院議員通常選挙に自民党から出馬し、当選。
  • 2005年10月、第三次小泉純一郎改造内閣で内閣府大臣政務官に就任。
  • 2006年9月、第一次安倍晋三内閣で内閣総理大臣補佐官(教育再生担当)に任命される。
  • 2014年9月、第二次安倍改造内閣で国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣(防災担当)に任命され、初入閣。国務大臣として拉致問題担当、海洋政策・領土問題担当、国土強靭化担当も兼任。

【参考】国会動画


その他の国会動画はコチラ⇒「国会 山谷えり子」検索結果一覧

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

フォローする