尾立 源幸(おだち もとゆき)

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

基本情報

生年月日 1963年10月9日
出身地 大阪府
出身大学 慶応義塾大学経済学部
前職 公認会計士
衆議院議員秘書
所属政党 民進党
(過去に所属した政党) (民主党)→
議院 参議院議員
選挙区・比例区 大阪府選挙区
任期 2016年
当選回数 2回
公式サイト http://odachi.info/index.php
主な所属団体 日本・ロシア協会(理事長)

政策

主な法律・政策に対する賛否

国旗国歌法
特定秘密保護法 反対
平和安全法制 反対
憲法改正 賛成
外国人参政権 賛成
選択的夫婦別姓制度 賛成

政策・理念

自身のサイトで下記の政策を掲げている。

  • 改革はするが、戦争は絶対にしない
    • 軍事偏重の「積極的軍事主義」ではなく、「真の平和主義」に立脚した「外交・安全保障政策」を実現する。
    • 生活の質を重視しつつ「熟成社会」に即した「成長のための改革」を実行する。
    • 悪い物価上昇を抑え「家計が使えるお金」を増やす。
    • 立憲主義を守り、憲法違反の安全保障関連法制を廃止する。
  • 子ども・若者の未来を優先する
    • 学校教育のみならず、「職業教育」や「社会経験」の予算を充実させ、「世界で通用する人材」を育成する。
    • 公正な競争は促進するが、「普通に頑張れば普通に幸せな暮らしが出来る社会」を目指す。
    • 将来世代への借金のおしつけを止め、議員定数の削減や税金の無駄使いを廃し、「若者視点」で「財政再建」と「社会保障改革」を行なう。
  • OSAKAをアジアの玄関口に
    • 「観光立国・大阪」の旗をあげ、訪日外国人を3倍にし、国際ビジネスの拠点にする。
    • 建物の容積率を緩和し、「緑豊かできれいな水都・大阪」を復活させ、「高齢者が」住みやすく「子育て」がしやすいまちにする。
    • モノ造り企業、とりわけ「中・小規模企業を手厚く支援」し「メイド・イン・ジャパン」を再び世界に発信します。

主な活動・経歴

  • 2009年、行政刷新会議での事業仕分けでは、菊田真紀子議員、寺田学議員などとともに外務省・厚労省・経産省等の仕分けを担当した。
  • 2010年9月、菅直人第一次改造内閣において財務大臣政務官に任命される。

議員立法

尾立議員が発議者または賛同者として提出した議員立法(2013~2015年)

  • 租税特別措置透明化法改正案
  • 公会計法案
  • ヘイトスピーチ規制法案
  • 体罰防止法案
  • 会社法一部改正案
  • インターネットによる国外からのサービス課税法案
  • 民法一部改正案
  • 歳入庁法案
  • 法人税法一部改正案
  • 会計検査院法案一部改正案
  • 予責法一部改正案
  • 違法な国庫支出監査法

人物

2010年7月、第22回参議院議員通常選挙の際は、連合大阪の支援を受けて当選している(連合大阪「おだち源幸 激戦を制し当選」)。

【参考】国会動画


その他の動画はコチラ⇒「国会 尾立源幸」検索結果一覧

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

フォローする