小野 次郎(おの じろう)

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

基本情報

生年月日 1953年8月7日
出身地 東京都
出身大学 東京大学法学部
前職 警察庁
衆議院議員(当選1回)
所属政党 無所属(民進党副代表)
(過去に所属した政党) (自民党)→(みんなの党)→(結いの党)→(維新の党)→
議院 参議院議員
選挙区・比例区 比例代表
任期 2016年
当選回数 1回
公式サイト http://onojiro.jp/oj/

政策

主な法律・政策に対する賛否

国旗国歌法
特定秘密保護法 棄権・欠席
平和安全法制 反対
憲法改正 どちらとも言えない
外国人参政権 どちらとも言えない
選択的夫婦別姓制度 賛成

政策・理念

自身のサイトで、政策に関して以下のように述べている。

<一強他弱の政治体制を打破して立憲主義を守るため、改革主義を掲げて野党勢力結集の先頭に立ちます。>

  • 世界一安心安全な国、日本を実現します
  • 政と官の『身を切る改革』を徹底します
  • 子供は社会の宝として守り育てます
  • 自由で活力ある経済の成長を促進します
  • 『社会的弱者のためにある』政治を実現します

主な活動・経歴

  • 2005年9月、第44回衆議院議員総選挙で自民党公認で山梨3区より出馬、比例代表で復活当選。
  • 2008年6月、「特別会計の廃止」など行財政改革に関する10項目の提言を行う。
  • 2009年9月、第45回衆議院議員総選挙で落選。
  • 2010年1月、自民党を離党。しばらく無所属となったあと、渡辺喜美の要請を受けみんなの党に入党。
  • 2010年7月、第22回参議院議員通常選挙に比例区で当選。
  • 2013年12月、江田憲司らとともにみんなの党を離党、結いの党を結成し幹事長となる。
  • 2014年9月、日本維新の会と合流し、維新の党幹事長代理に就任。
  • 2016年3月、民主党との合流により維新の党は解散。小野ら旧みんなの党比例選出議員は、国会法により合流できていない(2000年改正の国会法では、比例当選議員の政党間移動を原則禁止。例外として、選挙時には存在していなかった新党への参加と他党との合併による移籍は認められているが、合併の場合は比例名簿を届け出た政党の存続が条件となっている)が、民進党は党則を変更して入党していない小野を党副代表に就任させた。このため、小野は無所属でありながら政党の副代表ということになっている。

【参考】国会動画


その他の国会動画はコチラ⇒「国会 小野次郎」検索結果一覧

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

フォローする